濡れにくい女性のためのダイフルカン。表向きは抗真菌薬として販売されているこの薬ですが、ダイフルカンが女性にとってバイアグラと同じような効果があることは公然の事実となっています。

女性用バイアグラのダイフルカンで嘔吐や肥満の症状が

バイアグラといえば性機能に悩む男性の処方薬として知られていますが、女性用バイアグラと呼ばれるダイフルカンという薬があります。
この薬は元々抗真菌薬とりて利用されているもので、日本においても抗真菌薬として厚生労働省より認可されています。
ではなぜ女性用バイアグラという異名がついているのでしょうか。
どんな薬でも必ず副作用がありますが、これはマイナスの作用だけを表すのではありません。
ダイフルカンは良い面の副作用として膣の分泌液を増やす効果があるのです。
年齢を重ねた女性では性交時に膣の潤いが足りないことで痛みがあり、それをきっかけに性交を苦痛と思う方もいます。
このことがパートナー間での不和につながり夫婦関係が壊れてしまうこともあります。
実はダイフルカンはバイアグラよりも先に販売されている薬なのですが、商売上手な製薬会社が女性の機能向上をイメージさせるようなパッケージで売り出すことで市場の拡大を成功させているのです。
マイナス面としては服用することで嘔吐や肥満の症状が現れることがありますので気をつけましょう。
購入したい場合には個人輸入などであればアメリカなどから取り寄せることはできます。
また、日本でも認可されている薬ですので婦人科などで処方を受けることはできるのですが、あくまで抗真菌薬としてガンジタ症の治療薬として使われているだけですので、性機能を高めるためという理由では処方されることはありません。
内科などでも感染症などの治療に使われていますが、こちらのその目的のためのみの処方です。
実際には真菌により膣内に異常を感じ、それが原因で性交渉から遠ざかっているということもあります。
この原因であれば処方は可能でしょう。