濡れにくい女性のためのダイフルカン。表向きは抗真菌薬として販売されているこの薬ですが、ダイフルカンが女性にとってバイアグラと同じような効果があることは公然の事実となっています。

ピルと併用できない女性用バイアグラのダイフルカン

ダイフルカン(difulcan)は、バイアグラを開発したことで有名なアメリカのファイザー社が開発した薬です。もともとは、カビの仲間である真菌を殺菌する抗真菌薬として開発されましたが、女性が性交渉をするときの不干渉を改善することができる効果があることがわかり、女性用バイアグラとして知られるようになりました。ダイフルカンを服用することで、女性器の潤いを増加させ、潤った状態を保つことができ、性交渉を円滑にすることができます。女性器を潤わせることで性交渉のときの感度が上がり、不感症を解消することができます。
ダイフルカンは、1日1錠を水やぬるま湯で服用することで効果が得られます。女性器の潤いを保つ効果は、3日ほど続きます。薬を服用する際に注意することは、ピルと一緒に服用しないことです。薬を服用することで、ピルの効果が弱くなり、避妊することができなくなってしまうため、注意が必要です。ピル以外には、トリアゾラムや、エルゴタミン、ワルファリン、シクロスポリン、フェイトニンなどの薬を服用している場合は、薬を服用することが禁忌とされていて、注意する必要があります。
副作用として多い症状は、嘔気や下痢、発疹、過敏症、しゃっくりなどです。重篤な症状の場合は、ショック症状や皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、血液障害、肝障害、意識障害不整脈などを生じる場合もあり、体に異常が出た場合はすぐに服用をやめる必要があります。ダイフルカンは、同様の薬の成分のものを婦人科などのクリニックで処方していて、処方してもらう際には受診料がかかります。アメリカから輸入することが認められているので、直接インターネットなどで輸入できますが、服用の際に身体に異常が出る場合があるため、注意が必要です。