女性用バイアグラ|ダイフルカンInformation

濡れにくい女性のためのダイフルカン。表向きは抗真菌薬として販売されているこの薬ですが、ダイフルカンが女性にとってバイアグラと同じような効果があることは公然の事実となっています。

ダイフルカンの媚薬的効果とは

ダイフルカンはもともとカンジダなどの性感染症の治療薬ですが、いわゆる媚薬としての作用があることでも知られています。ダイフルカンには、女性の膣を潤った状態に保つ作用があるからです。本来この作用は、細菌が感染しにくい状態を保つ(膣粘膜が乾燥していると、さまざまな微生物が繁殖しやすくなります)ためだったのですが、この作用は媚薬としても使えることが分かったのです。というのは、女性は膣内が潤っていないと性交時に痛みを感じ、性的欲求を感じることができません。逆に言うと、ダイフルカンで膣内に潤いを持たせてあげれば、女性から性行為に対する恐怖感を取り除き、結果的に性的欲求を持たせることができるのです。
ちなみにダイフルカンは「膣内が潤っていないために痛みを感じるのを防ぐ」だけの薬であり、性感を高めるような効果はありません。そのような効果を期待して飲んでも、おそらく失望するだけだと思います(この手の薬ではプラシーボ効果というのもあるので、一概には言えませんが)。それからこれは男性の方のために言っておきますが、この薬を意中の女性にこっそり飲ませようなどとは考えないでください。ダイフルカンで「性的欲求を感じる」というのは、あくまで「性行為に対する恐怖感をなくす」という意味です。「この薬を飲むと、誰でもいいから性交したくなる」という意味ではありません。ですからもともとそういう関係にある訳でもない女性に、そんなことをしても無駄です。
ダイフルカンはあくまで、「女性側にその気はあるのに、性交時の痛みに対する恐怖感から踏み切れない」場合に使われる薬です。媚薬というと何だか不道徳な印象がありますが、実はすでに仲の良いカップルでないと使えないのです。

▼不感症の方には催淫剤をおすすめします
興奮作用や血行を促進する作用がある媚薬
▼お近くにお住まいの方は絶対に
バイアグラなら港区で処方
▼性行為の際に使用されることもある
女性器の潤いを保つにはフォルカン